チャド湖周辺の危機

28/01/2019

 

今年8月に、横浜で開催される第 7 回アフリカ開発会議(TICAD7)。
昨年末には、同じ横浜で世界を知る写真展「ボイス・オブ・アフリカ」を実施し、
世界的にもあまり光が当たることのないチャド湖周辺国の人道危機に焦点をあてました。

 

アフリカ大陸中西部に位置するチャド湖に接するカメルーン、チャド、 ナイジェリア、ニジェールでは、長引く紛争や政情不安、気候変動の影響を大きく受け、1,000 万人以上が支援を必要としていると言われています。
避難民も240 万人に上り、子どもたちの栄養失調や砂漠化など事態は深刻です。

 

現地の人たちの暮らしとは一体どんなものなのか?
彼らに寄り添っている赤十字スタッフの声と共に、映像で紹介します。