離任の挨拶:リン・シュレーダー駐日代表

お知らせ 29/01/2019

2015年初旬にアフリカ大陸中央部にあるチャドから到着した私は、赤十字国際委員会(ICRC)の駐日代表として4年にわたる任務を開始しました。一番最初に行ったことは、2011年の東日本大震災で地震・津波・原発のトリプル災害に見舞われた東北地方の被災地訪問でした。日本の文化や「日本のやり方」をできるだけ多く学んで吸収することを念頭に置きつつ、ICRCとしての活動、そして出張や旅行から得た多くの特別な思い出は、記憶に残り続けるでしょう。

 

私は、日本赤十字社国際部長(当時、事業局現副局長)の堀さんが贈ってくださった言葉をとても気に入っています。彼とは3年間、一緒に働きました。堀さんは、私が「和紙のカーテン」を理解しようと努めたと表現されました。「和紙は鉄や竹よりも弱く見えつつ、しっかり内と外を分けます。一方で、ぼんやりと影が現れたり、囁き声を通すものの、向こう側にある影の正体や会話を判別することはできません。そして、過去をできごとを長い間記録し続けます」。

 

4年にわたり、ICRCそして私自身に携わってくださり、支援してくださった日本の全ての方々にお礼を述べずに、「Sayonara(さよなら)」をすることはできません。「Domo arigato gozaimasu (どうもありがとうございます)!」

 

全国赤十字大会で日本赤十字社名誉総裁である皇后陛下のご接見を賜る機会が数回あり、お言葉を頂いた ©日本赤十字社

 

日本の自然災害への対応及びその経験と教訓をパートナーである他国の赤十字・赤新月社とを共有することで赤十字運動を支える日本赤十字社の重要な役割について学ぶ ©日本赤十字社

 

広島と長崎で被ばくした々が、自らの体験と原爆の影響によって続く苦しみについて語り続けているのを聞き、心が動かされました。

 

第70回広島平和記念式典では、日本赤十字社の近衞忠煇社長と共に献花 ©ICRC

 

核兵器の廃絶及び使用禁止と、人道的課題について啓蒙するためのICRCと長崎県及び長崎市との協力は、ここ数年にわたり深化し続けている ©ICRC

 

ICRCは、日本の要人や国会議員との対話を通じて人道外交にも取り組んでいます。2018年11月に来日したペーター・マウラー総裁は、参議院の外交防衛委員会委員と会談しました。

 

©ICRC

 

私の在任期間中、日本赤十字社とキヤノンと共催した写真展、ショートショート・フィルムフェスティバル & アジア(SSFF&ASIA)「戦争と生きる力プログラム  supported by 赤十字」の枠組みで著名な映画監督である塚本晋也氏との対談、ジャーナルコミック『14歳の兵士 ザザ』の他言語(仏語、英語、タイ語など)への翻訳などもICRCは行ってきました。こうした取り組みは、人道と戦争というとっつきにくい話題を、日本でも興味津々に関心を持ってもらえるようするための努力の一例です。

 

写真展でメディアインタビューに対応する駐日代表 ©ICRC

 

 

映画監督の塚本氏との対談後に記念撮影 ©ICRC

 

日本の若者との対話もICRCの主要な活動目的の一つで、私自身とても楽しみました。下の写真は、読売新聞社の主催で日本各地から高校生が集まって行われたセミナーの一コマです。生徒らの質問から伝わってくる社会への意識の高さ、赤十字運動への関心の高さに、とても感銘を受けました。将来、ICRCで働く人が出てくることを願っています。

©ICRC

駐日代表 リン・シュレーダー

 


Arriving from Chad in the heart of Africa, I began my four years mission as Head of Delegation of the International Committee of the Red Cross (ICRC) in Japan, in early 2015, by visiting the areas in Tohoku affected by the 2011 triple disaster. I will keep many special memories from professional activities, and also from my travels to different parts of the country, while trying as much as possible to learn about and absorb the culture and the “Japanese way”.

 

I really liked the words of Hori San, with whom I worked for 3 years when he was Director General of the International Department of the Japanese Red Cross Society (JRCS). As he very kindly stated at my farewell party, I tried to understand Japan’s “washi curtain”, which “looks weaker than iron or bamboo, but divides between inside and outside”,“allows to see shadows and hear some whispers, but we cannot find the shadow and catch the subject of the talking”, and “keeps record of the past for a long time”.

 

My sayonara would not be complete without thanking all the people in Japan who collaborated and supported the ICRC and me throughout these four incredible years. Domo arigato gozaimasu!

 

Meeting her Imperial Majesty and JRCS Honorary President on several occasions, here at the National Recognition Ceremony, and receiving her kind words, was an incredible honor and priviledge ©JRCS

 

I got a grasp of the important role of the JRCS in responding to natural disasters in Japan and supporting sister National Societies of the Red Cross and Red Crescent by sharing experience and lessons-learnt ©JRCS

 

I was profoundly moved and impressed hearing Hibakusha of Hiroshima and Nagasaki sharing their experience and continued suffering from the atomic bombing.

 

Presenting a wrath of flowers jointly with President Tadateru Konoe of the Japanese Red Cross Society at the Hiroshima Peace Ceremony 70th commemorations ©ICRC

 

Collaboration between the ICRC and the prefecture and the city Nagasaki to promote the elimination and prohibition of nuclear weapons and other humanitarian concerns keeps on growing over the years ©ICRC

 

The ICRC engages in a priviledge dialogue with Japanese national authorities and lawmakers, notably during the annual visit of Mr. Peter Maurer, the ICRC President, who was received in November 2018 by members of the Foreign and Defense Affairs Committee of the House of Councilors.

 

©ICRC

 

The annual photo exhibition with JRCS and Canon, the talk with the famous film director Tsukamoto in the framework of the ICRC sponsored special program “War and the Power to Live”of the Short Shorts Film Festival & Asia or the translation in other languagues (English, Thai, etc.) of the manga Journal Comics “Child Soldier Zaza” are examples of how ICRC in Japan seeks to sensitise on difficult humanitarian and war-related topics the general public in ways that we hope are more attractive and fun.

 

©ICRC

 

©ICRC

Reaching out to the Japanese youth is also one of the main objectives and activities of the ICRC in Japan, which I enjoyed very much. On the photo, high school students from various parts of Japan at the Yomiuri Seminar for Youth impressed me with their questions, showing a high level of maturity and interest for the International Red Cross and Red Crescent Movement.Hopefully, some of them will work with the ICRC in the future.

 

©ICRC

 

Linh Schroeder
Head of Delegation, Tokyo