【イベントのお知らせ】国際社会で貢献する女性とは?-人道支援と国際報道の現場から-

イベント 05/04/2017

ICRC副総裁のクリスティ ーヌ ・ベーリの来日に伴い、4月21日(金)に学習院女子大学と共催でシンポジウムを行います。

 

テーマは「国際社会で貢献する女性とは?-人道支援と国際報道の現場から-」。世界を舞台に活躍する女性2名が対談スタイルで、女性の立場から国際社会に貢献するにはどんなことができるのか語ります。

 

ベーリ副総裁と対談するのは、フリージャーナリストの大村朋子氏。大村氏はNHKの社会部に女性記者二期生として入局。その後、国内・国際放送の番組報道・制作にも携わり、現在はフリーランスジャーナリストとして活躍されています。一方スイス人のベーリは、ICRC以前に市政や国政に携わったキャリアを有しています。

 

「国際社会で求められる役割」「リーダーシップ」「エンパワーメント」を切り口に、会場の学生と意見交換しながら21世紀に世界で活躍する女性像に迫ります。

 

ぜひ奮ってご参加ください。

(チラシのダウンロードはこちら

 

【シンポジウム開催概要】

日時:2017年4月21日(金)16時20分~17時50分

場所:学習院女子大学 222教室
(東京メトロ副都心線「西早稲田」駅下車、徒歩1分)

ファシリテーター:大村朋子/ジャーナリスト、元NHK記者・キャスター

スピーカー:クリスティ ーヌ ・ベーリ/  赤十字国際委員会 (ICRC)副総裁

主催:学習院女子大学 国際学研究所、赤十字国際委員会(ICRC)駐日事務所

定員:200名

使用言語:日本語・英語(同時通訳あり)

参加費:無料

申し込み方法:お名前、ご所属先、ご連絡先を明記のうえ、gwc-iis@gakushuin.ac.jp までメールにてお申込みください。

申込締切日:2017年4月19日(水) ※定員に達した時点で、申し込みを締め切らせていただきます。

 

【登壇者略歴】

大村朋子
ジャーナリスト、元NHK記者・キャスター
福岡県出身

12歳から18歳までを海外(マレーシア、イラン)で過ごす。上智大卒業後、1984年に女性記者二期生としてNHK入局。1988年から1989年まで総合TV夜9時の「ニュースTODAY」を平野次郎氏とともにキャスターとして担当。その後報道局で人権、難民問題などを取材。2000年からは国際放送NHK World の英語キャスターや編集責任者として海外発信に携わる。2016年4月よりフリーランスとして日英による司会や通訳翻訳業を通して「日本を海外に伝える」活動を続けている。

 

クリスティーヌ・ベーリ
赤十字国際委員会(ICRC)副総裁
スイス、ベルン州出身

法科大学院卒業後、弁護士として法律事務所における勤務を経て、1986年に市議会議員に当選。1986年よりベルン州議会議員、1991年よりスイス議会上院議員に就任。その間、連邦議会において自由民主党幹事長、外交政策委員会委員長、社会保障・保健委員会委員長を務め、二国間協定や健康保険政策の改定、薬事法の改定他を担当。2006年にスイス医療機関評議会会長に就任。2008年1月より現職。