ICRC国際法・政策局長が講演します~日本弁護士連合会主催イベント「国際公務キャリアサポート」

イベント 10/08/2018

 

来る8月21日(火)、日本弁護士連合会主催「国際公務キャリアサポート講演会:国際人道法と法律家の役割」にて、ヘレン・ダーラム赤十字国際委員会(ICRC) 国際法・政策局長 が講演を行います。

 

国際人道法 (International Humanitarian Law : IHL)の「守護者」としての役割を担っているICRC。また、人道支援や紛争解決の現場でも、法律家が果たす役割は非常に重要です。組織において一番権威ある部署と言っても過言ではない国際法・政策局のダーラム局長が来日します。

8月20日から24日まで東京で開催される、武器貿易条約(ATT)第4回締約国会議に出席するほか、日本弁護士連合会主催の上記イベントにも参加します。

 

「国際公務キャリアサポート講演会」では、弁護士をはじめ、司法修習生や法科大学院生などの若手を対象に、ICRCの活動と国際人道法の最新動向について紹介するほか、自身の経験に基づいて法律家としての国際機関・組織でのキャリア形成について講演します。

興味のある方は是非ご参加ください。

 

開催概要

国際公務キャリアサポート講演会:国際人道法と、法律家の役割

 

  • 日時:2018年8月21日(火)18時~20時(開場:17時半)
  • 場所:弁護士会館17 階1701AB会議室
  • 主催:日本弁護士連合会
  • 参加対象:弁護士、司法修習生、法科大学院生、大学生など
  • 参加費:無料
  • 参加方法:日本弁護士連合会webページからお申し込みください。
    もしくはこちらのPDFの申込書をファックスにてお送りください。
  • 講師:ヘレン・ダーラム( ICRC国際法・政策局長)
    大鷹正人(外務省総合外交政策局審議官)
    東澤靖(日本弁護士連合会国際人権問題委員会委員)

 


【略歴】
ヘレン・ダーラム
赤十字国際委員会(ICRC)国際法・政策局長

ダーラムは、20年以上にわたり国際赤十字・赤新月運動に在籍。オーストラリア赤十字社とICRCで国際人道法の専門家として要職を歴任し、ICRCにおいては、ニューヨーク、ローマ、およびジュネーブにおいて国際法の見地から様々な交渉に関与。ミャンマーやアチェ、フィリピンなどでフィールドミッションをこなし、ICRCオーストラリア事務所長としても辣腕を振るった。2014年より現職。
国際人道法および国際刑事法の分野で博士号を取得。メルボルン大学法科大学院では上級フェローとして、また、アジア大洋州軍事法センターにおいては研究幹事として勤務した経験を持つ。