ICRCで働く

国際職員(デレゲート)採用情報

recruit_img02

■ 仕事の魅力
ICRCの職員は、人道主義を掲げ中立・公平・独立の活動原則のもと、その任務に重い責任が伴います。過酷な状況下で任務を全うする忍耐力や、生死を左右する判断力、あらゆる環境への適応能力、状況やリスクの分析能力などが求められます。精神的・肉体的に厳しい職務であることは否めませんが、人々に希望と安心を与え、生きる力を支える、それがICRCの仕事の魅力です。 東西冷戦が幕を閉じると、戦いの形はかつての戦争(国際的紛争)から、内紛やテロなど非国際的紛争に変わってきました。ICRCは全ての紛争当事者と話し合いの機会を持つ中立な国際組織として、戦闘の最前線に赴き、苦しんでいる人々に寄り添います。

 

戦いの最前線にいるICRCだからこそ成せる活動を通じて、自分にしかできないこと、他では経験できない個人としての「国際貢献」を実体験してください。 現在募集中の職種と、それぞれに必要な資格などはジュネーブ本部サイト(英語)  をご覧ください。

 

 

 

■ 求める資質と人材像

チームワーク 任務では現地採用のプロフェッショナル等、一緒に活動する仲間とコミュニケーションを図り、人道支援という目標に向かって活動することが重要です。チームワークを機能させ一つの目標に向かっていくことが大切です。
人道支援
への貢献
ICRCでは「被害者に対してSympathy(憐憫の情)を持つ必要はない。Empathy(感じ取る心)を持つ」と考えます。同情ではなく共感するということが、人道支援の鍵となります。
責任感と
行動力
ICRCの職員には、活動原則のもと、その任務には重大な責任が伴います。自らの取り巻く環境を自覚し、その責任を果たすことができる方を求めています。
柔軟な姿勢 今までの社会環境とまったく違う場でも役割を果たせるよう、常識にとらわれず、様々な価値観・考え方を受け入れていく柔軟性が必要です。
適応力 ICRCの任務では様々な背景の人々(国籍・人種・文化)の方と接し、各国での生活習慣なども異なる場合があります。人や 環境など相手を理解し臨機応変な対応ができることを求めています。
迅速な
決断能力
ICRCの信念は事態に迅速に対応することです。紛争地で活動する上で迅速に決断し、行動することはICRCの活動を行う上で多大に影響します。また時にこの決断は、自分だけでなく他人の命を救うことにもつながります。
誠実さ ICRCは常に被害者の声に耳を傾け、対話による解決を重視します。対話の内容は非公開で守秘義務を貫きます。紛争という状況において信頼関係を築き、誠実に接していくことが大切です。
■ 人事担当からのメッセージ

ICRCの使命は、武力紛争によって被害を受けている人々の保護と支援を行うことです。紛争地で活動してきた長い歴史を持つICRCは、しばしば「Last Resort」と形容されます。困難な状況下において、中立の立場で敵も味方も関係なく傷ついた人を助けることや、他の支援機関が撤退する中でも、最前線でギリギリまで助けを求める人々に手を差し伸べ続けることなどが理由でしょう。このような活動ができるのはICRCが基本原則「中立・独立・公平」の態度を貫いているからです。

 

勢力の大小や思想によって交渉相手を選ぶことをしないICRCは、反政府勢力とも交渉窓口を持ちます。彼らの兵士が傷を負えば助けます。そのため、むやみに攻撃のターゲットにされることもなく、紛争当事者から常に最新の情報を入手することができます。情報を基に分析を行い、状況に合わせて迅速な行動を取ることで、自分自身や保護すべき人々の安全を守ることが可能となります。 こうしたICRCならではの活動は、職員の高いパフォーマンスがあってのものです。事実、紛争地での活動は心身ともに厳しく、ICRCのデレゲートへの要求は非常に高いかも知れません。しかしながら、それぞれが高いパフォーマンスを維持するからこそ、多くの人を助けることができ、国際人道法を広めるという意義のある活動を行えるのだと思います。

 

■ 応募条件

  • 年齢:25歳-35歳くらい(年齢はあくまで目安であり、経験に応じて考慮されます)
  • 学士、またはそれと同等の学歴があること
  • 2年以上の社会人経験
  • 海外赴任が可能な方(家族の同伴は当初2年間はできません)
  • 英語で業務遂行が可能であること(その他の言語に精通しているとより望ましい)
  • 運転免許(マニュアル)を取得していること
  • ITを十分使いこなせること

 

■ 採用プロセス

応募に関する詳細はジュネーブ本部サイト(英語)をご覧ください。
※ 日本赤十字社への就職を希望される方は日本赤十字社(外部サイトへ)をご覧ください。

採用後はジュネーブにて研修(約4週間)を受けた後、各地でのミッション(原則一年)となります。また、赴任地での任期は基本的に一年で、定期的に世界各国の紛争地へ異動することとなります。

 

駐日事務所スタッフ採用情報

■ 正規職員について
現在、アシスタント職を募集しています。詳細はこちらをご覧ください。

 

■ インターンについて
ICRC駐日事務所では、人道的活動や人道法に興味のあるインターンを随時募集しています。募集ポストなど最新のインターン採用状況は本ウェブサイト、または国際協力キャリア情報総合サイト PARTNERでご案内しています。

なお、現在は募集しておりません。


インターンの業務内容・応募条件・応募方法は下記の通りです。

 

 |  インターンの期間 3~6ヶ月間、週2日~3日(週16時間を目安とします) ※応相談
 |  給与      無給。但し、交通費のみ支給(上限2000円/1日)
 |  提出書類    履歴書(英語&日本語) 志望動機(英文A41枚程度)※Word形式
 |  提出先     tok_tokyo@icrc.org
 |  勤務地     ICRC駐日事務所(東京都港区/最寄り駅:東京メトロ日比谷線 神谷町駅)

 

リサーチ・インターン

【業務内容】
・日本語及び英語で、日本・アジア太平洋地域における政治経済に係る情報収集及び分析。
・英語(場合により日本語)による上記に係る報告書等の作成。
・翻訳、通訳(日本語及び英語)。
・カウンターパートとの連絡調整業務。
・各種イベントのアテンド、手伝い。
・その他、事務全般。

【応募条件】
・日本語及び英語に堪能な方。
・英語による質の高いレポートが書ける方。
・国際政治学、国際法等を専攻し、人道問題、国際関係に興味がある方。
・MS Word、Excel、PowerPoint等を使って作業ができる方。
・国籍問わず、明るく健康な方。

 

翻訳・制作インターン

【業務内容】
・ICRCニュースの英文和訳
・駐日事務所ニュースの和文英訳
・ウェブページの制作補助と各種IT関連業務
・ICRC広報誌と配布物の制作補助
・制作プロダクションとの交渉
・各種イベントのアテンド、手伝い
・図書コーナーの管理

【応募条件】
・高い英語理解力、日本語ネイティブ
・専門、国籍問わず、明るく健康な方
・紛争地での人道支援に興味のある方
・大学4年生以上が望ましい

 

広報インターン

【業務内容】
・ICRC広報誌と配布物の制作補助
・翻訳、通訳(日本語と英語)
・ウェブページの制作補助と各種IT関連業務
・制作プロダクションとの交渉
・各種イベントのアテンド、手伝い
・図書コーナーの管理

【応募条件】
・高い英語理解力、日本語ネイティブ
・専門、国籍問わず、明るく健康な方
・紛争地での人道支援に興味のある方
・大学4年生以上が望ましい

 

総務インターン

【業務内容】
・名刺等のデータ管理
・総務関連書類の翻訳

【応募条件】
・英語理解力、日本語ネイティブ
・専門、国籍問わず、明るく健康な方
・Word、Excel(関数知識必須)のスキルがある方