駐日事務所について

2009年2月3日、赤十字国際委員会(ICRC)駐日事務所が東京・汐留に開設されました。(2011年4月、東京・神谷町に移転)

近年ICRCは、紛争や国内騒乱がアジアで多発していること、また、今後アジアの影響力・存在感が国際舞台においてより強まることを見越して、アジアに拠点を増やしています。2005年7月には中国に地域代表部を設立、クアラルンプール地域代表部やフィリピン代表部の機能も強化してきました。

過去のICRC日本駐在は、二つの世界大戦に伴うもので、第一次世界大戦では、日本とシベリアで抑留された中央同盟国の戦争捕虜(ドイツ人、オーストリア人、ハンガリー人、トルコ人)を対象に、収容所の訪問を行っていました。このとき日本に事務所を設けることはありませんでしたが、第二次世界大戦では日本に代表部を設置 (1942-49年)。捕虜を収容所に訪ね、広島における被爆状況の調査や被爆者の支援・保護が主な活動でした。

60年前は国際社会から支援を受ける側だった日本も、今では支援を行う側に身を置いています。2008年2月に来日したICRC総裁ヤコブ・ケレンベルガーは、日本を戦略的パートナーと位置付け、平和構築推進において日本の果たす役割の重要性を説きました。ICRCは今後、政府をはじめ関係当局と、協力関係の強化や人道的貢献について積極的に協議します。

当時の日本は国際社会から支援を受ける側でしたが、戦後60年経った今では支援を行う側に身を置きます。ICRC駐日事務所の任務も前回とは180度異なり、国際社会における日本のステータスに見合った貢献を政府に促し、協力していきます。

寄付について

駐日事務所は、いわゆる募金活動の任務を帯びていません。ICRCの財政は、各国政府からの「自発的な」拠出金から成り立っています。したがって、赤十字運動へのご寄付は、日本における国内外の諸活動を行っている日本赤十字社(外部サイトへ)へお寄せいただきますようお願いします。

arrow_right 日本赤十字社(外部サイト)
arrow_right ICRCの財政について

 

赤十字国際委員会 駐日事務所

  • 所在地:東京都港区赤坂1-11-36 レジデンスバイカウンテス320
  • 設立:2009年2月3日

最寄り駅
東京メトロ 銀座線 溜池山王駅13番出口 徒歩2分
東京メトロ 南北線 六本木一丁目駅3番出口 徒歩8分