フォトギャラリー

イエメン:拡大する避難民たちの支援ニーズ

今日、イエメンで住民の避難を強いている主な原因の一つは、暴力の激化です。

 

避難民が日常ベースで直面する深刻かつ突発的な危機は、民間人に向けられた攻撃によってもたらされます。時に、その攻撃は民間人および戦闘員の区別なく向けられますが、民間人を対象にすることは国際人道法に違反します。

 

弱い立場に置かれたイエメンの避難民たちは、膨大な量の支援を必要としていて、とても不安定な状態にいます。同国で自宅をから避難した約200万人のうち、大半が避難民を受け入れるホストファミリーのところに身を寄せるか、宿を借りて生活する一方で、間に合わせの住まいで生活する人たちもいます。こうした状況は、すでに戦闘の影響を受けているホストファミリーの生活を、ますます逼迫させます。

 

2018年の上半期、わたしたちは約50万のイエメン人に救援物資を提供しました。また、200万以上の人々が安全な水とより良い公衆衛生へアクセスできるよう支援しました。