イラク:紛争の影で

2014年のはじめからイラクで続く武力紛争で、2百万人以上の人々が避難を余儀なくされています。人々が紛争から逃れ、より安全な場所へ避難しようとしたため、大規模な人口移動が起きた地域もあります。避難民に最初に支援の手を差し伸べたのは現地の人々でした。彼らは、受け取った食料や水、シェルター、その他の支援物資を避難民に届けました。私たちも、効率的かつ迅速に避難民への支援活動を展開。避難して48時間後には支援を受け取った人もいます。しかし、人口移動や流入により、地元住民以上の数の避難民を受け入れている市や町では、これまでの様相が様変わりしています。