中央アフリカ共和国:避難民キャンプ内の暮らし

13 July 2016

中央アフリカ共和国の首都バンギで暴力を伴う事態が勃発してから、何千もの人々が避難を強いられました。

ムポコ・キャンプに行き着いた人々は、わずかな生きる希望を持ちつつ、徐々に生活を立て直そうとしています。

私たち赤十字国際委員会(ICRC)は、中央アフリカ共和国政府や国営水道会社(SODECA)、中央アフリカ赤十字社と協力して、約3年前に国を震撼させた暴力の影響を受けた国内避難民を支援しています。