離散家族への支援

毎年、何千もの家族が紛争や自然災害、移動によって離ればなれになっています。愛する家族との連絡が途絶え、居場所もつかめない、無事かどうかも分からなくなった時の苦しみは計り知れません。

 

赤十字国際委員会(ICRC)と各国赤十字・赤新月社は、行方不明者の居所を探し、親族と再び連絡を取り合えるようにするために世界中で活動しています。この活動には、家族の捜索、連絡回復、家族との再会、行方不明者の安否調査が含まれます。

 

カンボジアでは、離散家族の再会支援は成果を残してきています。数十年におよぶ内戦や爆撃、大量殺人、そして飢きんを経た後、約3万6000人が家族との再会を果たしています。