「失敗の余地はありません」:エチオピアでの爆発物撤去トレーニング

不発弾、手りゅう弾、破裂弾、その他の爆破装置は、武力紛争後、何年も、時には何十年にもわたり置かれたところに残留します。こうした危険な戦争残存物は、適切に撤去されなければ民間人に深刻な危害、もしくは死をもたらします。撤去は、訓練を受けた専門家の手によって、更なる犠牲を生むことなく安全に遂行されなければなりません。

 

エチオピアには、1930年代にさかのぼる紛争で埋められた地雷があります。昨年、赤十字国際委員会(ICRC)は、同国の国防軍と一緒に戦闘技術部門に所属する22人の専門家を対象に1カ月の爆発物処理トレーニングを実施しました。

 

「爆発物処理は技術的に要求するものが高く、かつ正確性が求められます」と、ICRCのアフリカ地域担当武器汚染対策班を指揮するジョン・ソルボは語ります。「失敗の余地はありません。どんな間違えも、専門家、そして爆発近くにいる人にとって命取りとなります。実践的なトレーニングは爆発を含めて何よりも重要です。実施することで、爆発物処理専門家は安全に爆発物を撤去し、ひいては人の命を救うことができるのです。」