ミャンマー:ラカイン州の危機、荒廃した生活、切迫したニーズ

24 October 2017

ラカイン州はミャンマーの中で最も貧しく、数年にわたり暴力や洪水といった災害に見舞われてきました。

 

今日の暴力を伴う事態は、数週間のうちに50万人以上が国を超えて隣国バングラデシュへ逃げざるを得ない状況を作り出しています。安全を求めて避難を急ぐ中、家族たちは持ち物全てを残してこなければなりません。食料、水、避難所が足りておらず、既に厳しい状況は、耐え難いものになってきています。

 

赤十字国際委員会は、国境地帯を含むミャンマーとバングラデシュでの支援活動を拡大させています。戦闘により影響を受けた全ての人々に対し24時間態勢で支援を行っています。しかし、さらなる支援が必要です。