ミャンマー:ラカイン州の人々のために

2017年8月25日にラカイン州で発生した暴力は、近年においても規模が大きい人道危機の一つにまで発展しました。70万以上の人々がバングラデシュへ逃れ、何千もの人々が州内で避難を強いられています。

 

危機から1年近く経過した今なお、多くの人々がマーケットや生活に必要な基本サービス、医療へのアクセスがなく、苦しんでいます。国際赤十字運動はこれまでに約3万人を支援してきていて、今後も活動を続けていきます。

 

私たちの活動の中心にあるのは、ラカイン州の人々です。どこへ行こうとも、暴力で被害を受けた全てのコミュニティーを支援します。そして、私たちの全活動において、中立と公平の原則に基づいたアプローチをとるということは不変です。

 

そうすることが、むしろ、安全性の確保や信頼関係の構築につながります。結果的に、社会的に最も弱い立場にある人々や、私たちの支援を最も必要としている方々に支援を届けることが可能になるのです。

 

また、活動の際に、人々が私たちの活動を手助けをしてくれるきっかけにもなります。食料袋を運ぶことから、竹材を運んだり、トラックから荷を下ろしたり、支援機材を運んだり、ラカイン州のどこへ行っても、現地の人々が積極的に私たちの作業を手伝ってくれます。

 

暴力が発生してから10カ月が経った現在も活動し続けられるのは、こうした関係のおかげです。また、ラカイン州の人々にはより良い未来が待っているという希望も与えてくれます。