ミャンマー :ラカイン州の危機から6カ月

2017年8月25日にラカイン州北部で起きた連続した暴力は、68万8000人が国境を越えて隣国バングラデシュへ出国する事態を引き起こしました。彼らは一番大切な物を持ち、陸や川、海を渡りました。歩けない家族を運びながらでも渡りました。

 

この危機の規模を誰も予測することはできませんでした。暴力はラカイン州北部に住む全ての人々に深い衝撃を与えました。市場は壊され、学校や病院へのアクセスは絶たれ、暮らしは成り立たず、多くの人々が避難を強いられました。村は徹底的に焼き尽くされました。いくつものコミュニティーの社会構造は恒久的に変わってしまいました。

 

この間、赤十字運動は20万人に食料、水、衛生用品、現金やその他の支援を提供するなど、人道的対応を率先して行いました。もっとも遠い遠隔地にたどり着くよう200人を超える職員たちが徒歩、車、トラックやボートで移動します。人道支援への需要は依然として高いままです。

 

いくつかの地域は比較的落ち着いて安定していますが、他の地域では緊張が残ります。人々はいまだに避難しており、残された人々は将来を不安に思い、そして心配しています。

 

赤十字運動は、長期にわたってコミュニティーを支援することに取り組んでいて、過去6カ月の戦闘から回復することを手助けしています。