Special Session on Nuclear Issues / 専門家と考える「核と国際人道法」

お知らせ 24/06/2016

English follows after Japanese.

専門家と考える「核と国際人道法」

2016年7月13日(水)10:30~18:00
広島平和記念資料館 地下1階・会議室1

FlyerIHL

米国のオバマ大統領による広島訪問をきっかけに核兵器の恐ろしさ、そして悲惨さを多くの人々に改めて想起させた今年、核兵器を人道的観点から考えようと専門家が集ったセミナーが広島で行われます。

本セミナーでは、核兵器や原子力災害について多角的な観点から考察していきます。具体的には、国際人道法からみる核兵器使用、核兵器が人体に及ぼす影響、核兵器廃絶に向けた動向、赤十字運動としての対応、メディアからみる核兵器・原子力災害にかかる報道などをテーマに議論していきます。専門家および講師には、ICRC職員や日本赤十字社職員に加え、小溝泰義(こみぞ やすよし)広島平和文化センター理事長、丹羽太貫(にわ おおつら)放射線影響研究所理事長をお迎えします。

なお、本セミナーは赤十字国際委員会主催の「アジア大洋州地域における国際人道法(IHL)トレーニング」の一環として開かれるため、トレーニングに参加しているアジア大洋州の各国政府関係者、教員、学者、人権や人道的課題を扱うNGO職員らも参加する予定です。

ぜひこの機会に、核兵器や核エネルギーをめぐる問題について、アジア大洋州諸国の方々と一緒に考えてみませんか?みなさまの積極的なご参加をお待ちしております。

日時:2016年7月13日(水)10:30~18:00
会場:広島平和記念資料館 地下1階・会議室1 (アクセス方法はこちら
主催:赤十字国際委員会
後援:広島県広島市、公益財団法人 広島平和文化センター、日本赤十字社
使用言語:英語のみ(同時通訳はございませんのでご留意ください)
参加費:無料
プログラムPDF ファイル

参加申込み方法

参加をご希望される方は下記アドレスまで事前にお申込みください。申込先着順につき、定員になり次第締め切らせていただきます。
なお、申込受付完了の確認メールはお送りいたしませんのでご了承ください。

申込先:icrc.symposium@gmail.com
申込締切日2016年7月8日(金)

▶ 国際人道法トレーニングの一部も一般公開されます。詳細はこちら

SPECIAL SESSION ON NUCLEAR ISSUES

The International Committee of the Red Cross (ICRC), in collaboration with Hiroshima Prefecture, Hiroshima City and the Japanese Red Cross Society, is organizing the special session on nuclear issues which will take place on 13 July 2016 at the Hiroshima Peace Memorial Museum.

This session will focus to (1) learn about the humanitarian consequences of nuclear weapons, and nuclear weapons & international humanitarian law (IHL) and existing legal framework, (2) share the stories of survivors and personal experiences to strengthen advocacy against the use of nuclear weapons, (3) clarify the Red Cross Red Crescent Movement approach and respective roles in addressing nuclear issues and (4) share the Japanese Red Cross Society’s experience in nuclear disaster response, in particular following the 2011 triple disasters in Fukushima and the work in nuclear disaster preparedness.

This session is going to be held as a part of “11th Southeast and Northeast Asia Session on International Humanitarian Law” organized by the ICRC. Attendants of this training such as government officials, scholars of international law and related fields, as well as NGO personel who are dealing with human rights or humanitarian issues from Southeast and Northeaset Asia will also participate in this session.

Please feel free to join us in this special session!

 

Date: Wednesday, 13 July 2016   10:30 – 18:00
Venue: Meeting Room 1 (B1 floor), Hiroshima Peace Memorial Museum (Click here for access information.)
Participation fee: Free of charge
Language: English only (Japanese interpretation will not be provided.)
Organizer: ICRC
Sponsors: Hiroshima Prefecture, Hiroshima City, Hiroshima Peace Culture Foundation and the Japanese Red Cross Society 
Program:  PDF file

Registration: Advance registration is required. Please send your name, title, affiliation, and contact information to the Secretariat of this event at the following address by 8 July 2016.

Email for registration: icrc.symposium@gmail.com

▶ A part of the “11th Southeast and Northeast Asia Session on International Humanitarian Law” is open to the public. For more details, click here.