戦後70年特別展「人間らしく、戦争を生き抜く」

イベント 28/10/2015

flyer_omote_OL

チラシのダウンロードはこちら/Click here to download flyer

 

アジアやヨーロッパ、オセアニア、北米、中東、北アフリカで国境や国籍に関係なく、多くの戦争捕虜を生み出した第二次世界大戦。交戦状態にある母国から離れて暮らす人々も「敵国の者」とみなされました。武器を持たない一般市民であるにもかかわらず、自由を奪われ抑留されたのです。

 

赤十字国際委員会(ICRC)は、公平で中立な組織として、紛争によって犠牲を強いられている人々に寄り添い、誰にでも分け隔てなく支援の手を差し伸べることを設立当初からの人道的使命としてきました。第二次世界大戦中は、戦場で戦っていた捕虜や民間人の抑留者を人種や政治的背景、宗教に関係なく保護することに奔走。こうした活動は、のちにノーベル平和賞の受賞へとつながることになりますが、一方で、占領地の市民や強制収容所に送られた人々を救いきれなかったことにも、大きな悔恨が残っています。

 

今回ご覧いただく写真展「人間らしく、戦争を生き抜く」では、自由を奪われた捕虜や抑留者が置かれていた日常と彼らの苦難、そして収容所内で彼らが求めていたものに焦点を当てました。ここに展示されている作品は、スイス・ジュネーブにあるICRCのアーカイブから取り寄せ、ICRCが当時収容所を訪問した際に集めた記録や貴重な写真ばかりとなっています。

 

今回の展示を少しでも多くの方にご覧頂き、自由を奪われた人々の苦しみに思いを馳せ、人間の尊厳と生活を守るために日々力を尽くしているICRCの活動に関心を持って頂く機会となれば幸いです。

 

Millions of soldiers from different nationalities and continents taking part in World War II (WWII) were taken prisoners and detained in Asia, Europe, North America, and northern Africa. Thousands of civilians, so called “enemy aliens”, were also interned by some countries at war, on grounds of their nationality or origin.

 

The fate and protection of prisoners, regardless of race, political affiliation, or religion, has been the key concern of the International Committee of the Red Cross (ICRC) since its beginning, in line with the organization’s impartial humanitarian mandate. While the work on behalf of prisoners of war (POW) had earned the ICRC international recognition in the form of a Nobel Peace Prize, WWII presented the organization with a number of challenges, including difficulties to gain widespread access to POWs and interned civilians.

 

The exhibition “The Daily Life of Prisoners during World War II” seeks to highlight the experiences, sufferings and needs of these prisoners, from the time of their capture to their release, or sometimes death in their place of detention. The photos and documents presented were collected from the ICRC’s Archives in Geneva, Switzerland.

 

We hope this exhibition will help visitors relate even more directly and personally to the pledge and difficulties of persons deprived of their liberty, and to the tireless work of the ICRC to ensure the respect of their human dignity.

 

■ タイトル/Title:
戦後70年特別展「人間らしく、戦争を生き抜く」/ “The Daily Life of Prisoners during World War II”

■ 開催日時/Dates:
2015年11月25日(水)-2016年1月10日(日) / 25 November (Wed) 2015 – 10 January (Sun) 2016

■ 会場/Venue:
京都大学総合博物館 / The Kyoto University Museum

■ 開館時間/Opening Hours:
09 :30~16 :30 (入館は16 :00まで/ Last entry 16 :00)

■ 休館日/Closed:
月・火(平日・祝日にかかわらず) 、年末・年始(12月28日-1月4日)/  Every Mon・Tue, 28 December – 4 January