イベント報告:Follow the Sun~「人道支援におけるデータ保護ハンドブック 第二版」出版記念~

イベント 16/12/2020

Follow the Sun ダイジェスト

 

2020年9月1日、赤十字国際委員会(ICRC)がBrussels Privacy Hubと作成した「人道支援におけるデータ保護ハンドブック 第二版」の出版を記念して、グローバルイベント「Follow the Sun」をオンライン開催しました。

 

世界を一日かけて巡回し、まさに「太陽を追いかける」形で行われたパネルディスカッション。ハンドブックで取り上げているテーマに沿って、人工知能と機械学習、ブロックチェーン、SNSやアプリの活用などについて、世界各国の著名な専門家たちが語りました。

 

キックオフは、日本。ICRC駐日代表レジス・サビオがホスト役を務め、デジタル認証とバイオメトリクスをテーマに、NECや早稲田大学、WFPなどからパネリストを招き、議論を深めました。その後、マレーシアへとバトンをつなぎ、アジアを離れて中東、ヨーロッパ、アメリカへと引き継がれました。

 

 

デジタル技術の発達とともに、人道支援の現場に用いる私たちのツールも様変わりしています。技術革新の恩恵を受ける一方で、医療データやソーシャルメディア、携帯のメッセージアプリ、クラウドサービス、現金の送金など、多種多様な場面において個人や機密情報のデータを扱っているため、データ保護はICRCの大きな課題となっています。

 

本イベントの各国パネリストなど、詳細はこちら(英語):https://www.icrc.org/en/event/data-protection-handbook-launch

 

「人道支援におけるデータ保護ハンドブック」第二版はこちら(英語):https://www.icrc.org/en/handbook-data-protection-humanitarian-action

 

NECとの対談記事「テクノロジーの倫理的活用人道支援組織と民間企業のパートナーシップ」はこちら:https://jpn.nec.com/profile/sdgs/innovators/project/article02.html