【更新情報】~国際人道問題における原則と現場実践を学ぶ~ アジア若手指導者養成講座

イベント 10/09/2014
本講座は大盛況のうち無事に終了いたしました。
皆様のご参加及びご協力に感謝申し上げます。

~国際人道問題における原則と現場実践を学ぶ~

アジア若手指導者養成講座 開催概要 

English follows after Japanese.

赤十字国際委員会(ICRC)駐日事務所は、国際人道問題における若手指導者の育成を目指し、大阪大学大学院国際公共政策研究科・稲盛財団寄付講座と共催して、この分野における最先端の議論を紹介する公開講座を開設します。国際公共政策、国際法を専攻している大学院生や、国際公共セクターで活躍している若手公務員および団体職員を対象としています。

ニュースの裏側には、深刻な人道問題が隠れています。本講座は、紛争や戦闘で犠牲となっている人々を守り、支援していく上で欠かすことにできない法的枠組みである国際人道法を体系的に解説します。また、日々変化する国際人道問題に対応する各国政府、国連、人道支援機関といったアクターが、この問題にどう向き合っているのか。最新の事例を基にその現状をひもときます。

最先端の議論を短期間で集中的に学べるよう、国内外の専門家および実務家が、英語で講義を行います。ICRCの法律顧問による国際人道法の体系的な解説、大阪大学で国際人道問題を専門とする大学講師による最先端の議論の紹介、その他、外務省、防衛省、日本赤十字社、国連等から、実際に人道問題に取り組んでいる実務家を招き、事例等を提示します。

東アジア地域(韓国、中国、モンゴル、香港、台湾)から、国際人道問題を専攻する学生も聴講する予定です。地域における若手指導者、専門家との交流を図ることができるのも、この講座の魅力の一つです。

チラシのダウンロードはこちら

 

日程             2014年9月14日(日)~19日(金)までの6日間

場所            大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館

定員           40名

聴講料         無料

使用言語   英語

問い合わせ・申し込み先
本講座の申込は締め切りました。多数のお申込をいただきまして、ありがとうございます。

主催           大阪大学大学院国際公共政策研究科・稲盛財団寄付講座、赤十字国際委員会(ICRC)

後援           外務省、日本弁護士連合会、日本赤十字社

 

Law and Action for Humanity: Perspectives from the Frontline

The Osaka School of International Public Policy (OSSIP – Osaka University) and the International Committee of the Red Cross (ICRC) are organizing, with the collaboration of the Japanese Red Cross Society, the course “Law and Action for Humanity: Perspectives from the Frontline”  which will take place from 14 – 19 September 2014, at Toyonaka Campus (Osaka University) in Osaka.

The course is intended to provide a general understanding of international humanitarian law and action and will cover the principles and rules and their practical application. Topics include:

  • history, development and basic principles of IHL
  • scope of application of IHL
  • IHL and international human rights law
  • protection of vulnerable persons in armed conflicts and other situations of violence
  • humanitarian principles and humanitarian assistance
  • conduct of hostilities and the protection of civilians
  • implementation and enforcement of IHL
  • the work of the ICRC and National Red Cross/Red Crescent Societies in armed conflicts and other emergencies.

The course will comprise presentations, case studies and group discussions. The course will be run in English.

Young professionals from public and private institutions, lecturers, staff of non-governmental organizations (NGOs), National Red Cross and Red Crescent Society volunteers and staff, and graduate students from China (Mainland), China (Hong Kong and Macau), China (Taiwan), Mongolia and South Korea with an interest in international humanitarian law are warmly invited to apply.

Participants have to arrange for their own travel to Osaka as well as accommodations and related expenses.

Click to download flyer

Dates:  14 –19 September 2014 (6 days)

Venue: Osaka University Hall at Toyonaka Campus, Osaka University

Quota: 40

Tuition fee: Free of charge

Language: English only

Applications and Inquiry:
Application is closed. Thank you for your interest towards the course.

Organiser: Inamori Foundation Endowed Chair, Osaka School of International Public Policy, Osaka University, International Committee of the Red Cross (ICRC)

Sponsor: Ministry of Foreign Affairs of Japan, Japan Federation of Bar Associations, Japanese Red Cross Society