現代の紛争における「国際人道法」の適用について専門家が議論 / Japan: Experts gather in Nagasaki to discuss rules of war vis-à-vis real conflict situations

お知らせ 23/08/2017

English follows after Japanese

 

2017816

アジア大洋州地域の13カ国から45人の参加者が長崎に集い、武力紛争下に適用される国際人道法(IHL)に関連する経験を共有

 

2017年7月3日から7日にかけて、「第12回アジア大洋州地域における国際人道法トレーニング」が長崎で開催されました。

 

開会式で挨拶をする中村法道長崎県知事 ©Shigeo Arikawa/ICRC

 

開会式では長崎県知事、長崎市長、そしてICRC駐日代表が挨拶を行い、国際人道法のその意義とともに、核兵器の使用によって過去にもたらされた悲劇を繰り返してはならないと、その重要性を強調しました。また参加者に対し、核軍縮に向けた努力と核兵器のない世界を追求する必要性を自国の政府に伝えるよう求めました。

 

基調講演に登壇した斎木尚子・外務省国際法局長(当時)は、国際人道法の遵守および強化に加え、ICRCと国際刑事裁判所への支援拡大に向けた日本の努力について説明しました。また、中国政法大学や韓国の成均館大学、日本の防衛大学校からも講演者が招待され、IHLの主要テーマについて発表が行われました。

 

セミナーには軍や警察関係者、法学を専門とする教授、外交官、人道支援組織の職員ら45人が参加 ©Shigeo Arikawa/ICRC

 

「理論的には、国際人道法の枠組みは完璧に近いです。しかし、現実には、特に詳細な規則や条約の適用においては明確ではないため、混乱を招く箇所が多々あります。そのため、多くの人々は、こうした規則を、まさにどこでどのように適用するのか、しばしば混乱します。明確な結論や議論の余地がない判断はありません。ですので、個人的な意見としては、ICRC以外にも、各国がIHLの履行を向上させるためにさらに努力するべきです」と、参加者の一人は話します。

 

2016年に広島で行われた第11回の時と同様に、5日間のうち1日は長崎原爆資料館への訪問や、日本赤十字社長﨑原爆病院名誉院長の朝長万左男医師による発表を聞くなど、核問題の考察にあてられました。朝長医師は、原爆の人道的影響について、特に健康面に関連した個人の経験を共有しました。

 

参加者は5つのグループに分かれ、5日間にわたりさまざまな講義を受講し、議論を重ねる。また、実際の紛争を例にIHLの適用についても議論 ©Shigeo Arikawa/ICRC

 

「戦争の直接的な影響に耐え、その影響が今なお残る長崎で、このセミナーを開催できたことを、ICRCとしてとても光栄に思います」とICRCアジア大洋州地域担当法律顧問のケリシアナ・タインは話します。また、参加者はセミナーが開催された場所だけでなく、このタイミングで開催されたことにも心を動かされたとも指摘します。

 

「参加者は長崎原爆死没者追悼平和祈念館と長崎原爆資料を訪れ、戦争がもたらす人道的影響について話を聞きました。世界が核兵器禁止条約の話し合いをしている週に、このセミナーを開催できたことが特に重要です。参加者全員にとって、IHLがいますぐ関連してくるからです。」

 

参加者のグループ写真 ©Shigeo Arikawa/ICRC

 


 

16th August 2017

As many as 45 representatives from 13 countries in Asia and the Pacific gathered in Nagasaki to discuss and share experiences related to the international humanitarian law (IHL), which is applicable to armed conflicts.

 

The 12th Annual South-East and North-East Asia Teaching Session on IHL took place in Nagasaki, Japan, from 1 to 7 July 2017.

 

The governor of Nagasaki Prefecture, the mayor of Nagasaki City and the ICRC head of mission opened the ceremony, highlighting the importance of avoiding a repeat of the tragedies brought about by the use of nuclear weapons in the past. The leaders exhorted the participants to convey to their respective governments the need to pursue nuclear disarmament efforts and a nuclear-free world.

 

Keynote speaker Naoko Saiki, who acts as director general for the International Legal Affairs Bureau at the Ministry of Foreign Affairs, explained Japan’s efforts to promote and strengthen IHL compliance, and to increase support for the ICRC and the International Criminal Court. Speakers from China University of Political Science and Law, Sungkyunkwan University from South Korea, and Japan’s National Defense Academy were also invited to present on key topics related to IHL.

 

“In theory, the IHL framework is nearly perfect. But in reality, there are still many areas of confusion, especially in the application of detailed rules and treaties. People often get confused about exactly where and how to apply these rules. There are no clear conclusions and indisputable judgements. So, in my opinion, besides the ICRC, the countries have to put in more work to improve IHL implementation,” one participant said.
As with the session held in 2016 in Hiroshima, a day was devoted to consideration of nuclear issues, which included a visit to the Nagasaki Atomic Bomb Museum and a presentation by Dr. Masao Tomonaga, the honorary director of the Japanese Red Cross Nagasaki Atomic Bomb Hospital. Dr. Tomonaga shared individual stories on the humanitarian consequences of the atomic bomb, particularly those relating to health.
“The ICRC is very pleased to organize the session in Nagasaki, which has reeled under the direct impact of conflict and continues to feel the effects,” said Kelisiana Thynne, the organization’s legal advisor for the Asia-Pacific region. Participants were not only moved by the setting of the session but also its timing, Thynne noted.

 

“They visited the Peace Memorial and Museum and heard about the humanitarian consequences of war. It was particularly significant that we held the event in the week that the world was negotiating a nuclear weapons ban treaty; IHL gained much more relevance immediately for all the participants.”