TICAD7 公式サイドイベント :地域社会の健康と保健面での格差をなくすには ―ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ達成に向けて

イベント 02/08/2019

すべての人々が適切な予防、治療、リハビリ、緩和ケア等の保健医療サービスを、支払い可能な費用で受けられる状態を目指すため、今や国際社会の指針となった“ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ”。過去数十年を振り返ると、世界各地で健康・保健サービスが改善されていますが、一方で、サービスにたどり着くための人々のアクセスや身近さ、質については、その国々や地域によって大きなばらつきがあります。

 

国際赤十字・赤新月運動(以下、赤十字)は、人々がどこにいようと同等の医療を公平に受けられるようにするため、現行の保健制度と地域社会で実施されているサービスの格差を埋められるよう、当局や地元住民と話し合いながら最善の環境づくりに重点を置いています。

 

赤十字がアフリカで特に重点を置いている分野の一つが、母・新生児・子どもの健康です。訓練を受けた助産師、コミュニティの医療従事者、およびプライマリーケア従事者のネットワークを通じて、医療機関を迅速かつ適切に選べるようにすることで、母子の疾病率と死亡率を下げることにつなげていきます。そのほかにも、地元コミュニティ出身のボランティアを動員して、病気の予防のための取り組みや健康と水・衛生事業の促進などを実施し、目に見える実績をこれまであげてきました。

 

本イベントでは、国際赤十字のトップ二人を据え、コミュニティ単位の保健医療の強化の施策や教訓を提示します。日本赤十字社は、いかに民間企業からのサポートが課題を抱える地域の人々の支援になっているか、実際に現地で調整に当たった職員が事例を交えて紹介。また、国境なき医師団からもパネリストとして参加し、エボラ対応の経験等を踏まえた取り組みについてご紹介します。

 

一方でユニバーサル・ヘルス・カバレッジは、アフリカだけでなく、日本においても重要な社会的課題です。アフリカの開発や繁栄に向けて支援の手を差し伸べる日本の内情とは?日本とアフリカ地域の共通課題や違いにも目を向け、今後の連携について議論を深めます。

 

現場の声を通して知ることができる貴重な機会です。奮ってご参加ください。

 

日時・場所

  • 日時:      2019年8月29日(木) 15:30 – 17:00
  • 場所:      パシフィコ横浜 (アネックス202)
    〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1
    アクセスはこちらを参照

※言語: 英語、日本語 (同時通訳あり)
※事前申込み:不要

登壇者

[モデレーター]

  • 田村 良彦
    読売新聞東京本社メディア局専門委員1986年に読売新聞東京本社に入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。西部本社社会部次長兼編集委員、東京本社編集委員(医療部)などを経て2019年6月から現職。

[パネリスト]:

 
エルハッジ・アズ・シー
国際赤十字・赤新月連盟事務総長

 

 

 


 
ペーター・マウラー
ICRC総裁

 

 

 


 
五十嵐 真希
日赤中東地域首席代表

 

 

 


 
レシュマ・アダティア
国境なき医師団 人道・外交担当代表

 

 

 

(敬称略)


STRENGTHENING COLLABORATION AND COMMUNITY ENGAGEMENT

TO ACHIEVE UNIVERSAL HEALTH COVERAGE

M. Abdikarim/ICRC

Although many African countries have been progressing in improving the health of people over the past decades, there are still wide gaps between and within countries regarding access and quality of services. In terms of strengthening community-based health systems, the Red Cross and Red Crescent Movement continues to play an important role, bridging the gap that exists between national health systems and local community services and ensuring humanitarian access to the most vulnerable people.

 

Red Cross and Red Crescent volunteers, who come from the communities they serve, have brought demonstrated benefits to the broader health systems, such as promoting prevention measures, and addressing vulnerability drivers through, community-based Health and Water Sanitation & Hygiene programmes which strengthen relationships between community systems and formal health systems. One area of particular focus for the Red Cross and Red Crescent Movement is maternal, neonatal and child health, where the early identification of cases in need of referral through networks of trained traditional birth attendants, community health workers and primary health care workers, has proven positive impacts on maternal and neonatal morbidity and mortality.

 

This seminar will engage in a wide-ranging discussion through the sharing of knowledge, experience and ideas how community-based health services can be strengthened among African states, health practitioners, private sector, health educational institutions present, and the Red Cross and Red Crescent Movement from different perspectives and levels, including special conditions such as responses in contexts of conflicts and fragile environments, integration into national health systems, timely sharing of information on epidemics, and effective partnerships, in order to strengthen health systems in Africa.

 

Date and Venue

  • Date:     15:30-17:00, 29 August, 2019
  • Venue:     Pacifico Yokohama (Annex 202)

※Language: English and Japanese (simultaneous translation)
※Prior registration is not required

Speaker

Moderator:

  • Yoshihiko Tamura,Senior Specialist Digital Media Bureau, The Yomiuri Shimbun

Panelists:

  • Elhadj As Sy, Secretary General, IFRC
  • Peter Maurer, President, ICRC
  • Maki Igarashi, Head of delegation, Middle East region, Japanese Red Cross Society
  • Reshma Adatia, International Operations and Humanitarian Representation Coordinator, Médecins sans Frontières