戦後70年:特設ページ

24/08/2015

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一世紀半以上にわたり、戦場の最前線で犠牲となった人々に
寄り添ってきた赤十字国際委員会(ICRC)。

「Even wars have limits~戦争とはいえ、やりたい放題は許されない」

戦後70年を機に、改めて私たちは世界に訴えます。
どんな理由があっても、戦闘に参加していない民間人が
苦しみを背負うようなことがあってはならないのです。

 

 

PB263370


プレスリリース
  70年後の今も広島・長崎に影を落とす原爆投下の衝撃

 

hiroshima-ceremony-banner-rtr41dcx|国際赤十字・赤新月社連盟会長の近衞忠煇と
赤十字国際委員会総裁のペーター・マウラーによる共同声明
 広島と長崎の記憶が核兵器を廃絶する原動力に

 

dr-tomonaga

|インタビュー (動画) 朝長 万左男 氏/日本赤十字社長崎原爆病院名誉院長
 原爆がもたらした被爆者の苦しみについて専門家が説明

 

taniguchi

|インタビュー (動画) 谷口 稜曄 氏/被爆体験者
 日本:広島と長崎への原爆投下から70年、いまだ続く病気との闘い

Keiko Ogura in 2014

|インタビュー  小倉 桂子 氏/被爆体験者
語ることで過去を乗り越える 

CLtb1j6UsAABwsz

|ニュースリリース
 ジュネーブ:植樹祭で核兵器の脅威に思いを馳せる(2013年8月6日)

 

v-p-hist-01377

|資料:核兵器に関する4つの観点
 ICRCは核兵器について4つの観点より特集を組んでいます

V-P-hist-00883-24h-300x201
|マルセル・ジュノーの生涯を描いたアニメ「ジュノー」
詳細はこちら

|短編ドキュメンタリー(NHK制作/2013年8月7日)
  ICRC元駐日代表 マルセル・ジュノーの足跡を訪ねて