MANGA × ひとのチカラ キャンペーン

お知らせ 01/07/2015

 

TOP

 

 

街中で見かけたポスターの中にあった「人道」という言葉にひっかかり、ICRCの現場を訪れることになったマンガシナリオライター、神田。

東京の喧騒の中で神田は人道支援の現場に飛ぶ決意をする…

 

 

ジャーナルコミック第1弾

14歳の兵士ザザ

詳細はこちら

 

ジャーナルコミック第2弾

バングラデシュの熱い風

詳細はこちら

 

本作品は、ドラマ化もされた『Hotel』や『Station』などを手がけたマンガ脚本家・大石賢一氏による書下ろし。

作画を担当したのは、石川森彦氏。石ノ森章太郎氏に師事し、多くの『仮面ライダー』作品を手掛けているベテランの漫画家さんです。

 

「紛争地に生きること」「平和な日本に生きること」が何を意味するのか。

 


ジャーナルコミックとは:
報道・ジャーナリズムのツールとして、世界的に一分野を築き上げているマンガ。そもそものエンターテイメント性に、ドキュメンタリー的要素が組み合わさることで、重く難しいネタも、文化的・感覚的に受け入れられ、感情移入しやすくなる。
日本では既に、歴史や文学などの難しいテーマもわかりやすく学ばせる教材として、マンガの地位は確立されている。世界の潮流と、マンガというツールの持つ発信力や受け入れやすさ、そしてマンガ文化発祥の地・日本のブランド力を活かして関心をあおり、世界の今をできるだけ多くの人に伝えるのが目的。