赤十字 x ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2017 ~戦争と生きる力プログラム

イベント 19/04/2017

 今年もプログラムを2つに分けて、短編映画をそれぞれ6本ずつ、計12本上映。アニメーションやコメディ、ドキュメンタリーなど、エンターテインメント性に富んだラインアップとなっています。是非劇場まで足をお運びください!


 

アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(Short Shorts Film Festival & Asia: SSFF)」に「戦争と生きる力プログラム(War & the Power to Live Program)」を立ち上げて、今年で3年目になります。

 

今年は、フィンランド在住のシリア生まれの男性が、祖国の子ども達に“あるもの”を届けに行く姿を追ったドキュメンタリー映画や、第二次世界大戦下のポーランドでゲットーに住むユダヤ人少年と子犬の絆を描いたアニメーション映画、一人の環境活動家の強すぎる正義感が思いもよらぬ結末に至るコメディー映画など、多彩な構成となっています。

 

また、6月1日から始まる映画祭に先立ち、サイドイベントも企画。過去の「戦争と生きる力プログラム」のラインナップから選りすぐりの2作品を上映するプチ上映会(サプライズイベント付!)を5月に、6月の本祭中には、トークセッションを交えた今年度プログラムの上映イベントを実施します。

 

さらに、昨年同様、表参道ヒルズ前の日本看護協会ビルを巻き込んだ期間限定イベントも行います。今年は、ビル内の全ての店舗とコラボして、健康と美を意識した赤十字チャリティーメニューから、世界の紛争地を旅したスーツケースの展示などなど、こちらもバラエティーに富んだラインナップとなっています。お楽しみに!

※コラボイベント・関連イベントについては、サイトが準備できたものから随時アップします。
サイドイベント:プチ上映会についてはこちら
コラボイベント:チャリティーメニューについてはこちら

 

5月と6月、短編映画を通じて、世界の片隅で力強く生きる人たちに思いを馳せ、まずは身近な人を思いやることからみんなの「生きる力」を支えてみませんか?

 

2017年「戦争と生きる力プログラム」
ラインナップと上映スケジュール

 

今年の映画祭は、6月1日(木)から6月25日(日)にかけて東京都内と横浜の会場で展開されます。「戦争と生きる力プログラム」は、「WP-1」「WP-2」の2つに分かれ、6作品ずつの上映となります。

 

戦争と生きる力プログラム(War & the Power to Live Program)1

 

ボン・ヴォヤージュ(Bon Voyage)
Marc Wilkins/16:00/スイス/ドラマ/2016

地中海でセーリング中、難破寸前の難民船に遭遇する一組の夫婦。助けるべきか、見過ごすべきか‥二人の判断が、自分達自身のその後の安全にも影を落とす。

 

 

 

2つの切り札(High Card Trumps)
Geoffrey Quan/05:56/アメリカ/ドラマ/2011

恒例のチャリティセールで、孫や息子の自慢話に華を咲かせる女性陣。そこに、アラブ系の女性が加わると空気が一変。人種を超えた、プライドと愛国心が交錯する。

 

 

 

ゲットーに住む犬、チカ(Chika, The Dog In The Ghetto)
Sandra Schießl/16:21/ドイツ/アニメーション/2016

第二次世界大戦下のポーランドで、ゲットーに住むユダヤ人の少年ミカシュと子犬チカの心温まる物語。

 

 

 

 

 

不思議の国のハッサン(Hassan In Wonderland)
Ali Kareem Obaid/08:29/イラク/ドラマ/2014

イラクの一角でいつも無邪気に遊んでいるハッサンとその友達。彼らが拾ってきた本物の銃は、少年達をどこへ導くのか。彼らが普段遊んでいる場所、そこは実は‥

 

 

 

西部劇と難民(High Chaparral)
David Freid/09:01/アメリカ/ドキュメンタリー/2016

スウェーデンにある西部劇のテーマパークは、冬になると営業を一時休業する。その間、閉鎖したまま放置するのではなく、シリア紛争による難民を受け入れることに。ドキュメンタリー映画。

 

 

 

 

ペトロリアム(Unleaded)
Emmanuel Tenenbaum/07:06/カナダ、フランス、オランダ/コメディ/2015

一人の環境活動家が世の中を良くするためにある手段に打って出た。しかし彼が向かった先とは‥本望は果たせるのか?実話を基にしたコメディ映画。

 

 

 

<WP-1 上映スケジュール>
6月3日(土) 11:20-13:10  ブリリアショートショートシアター
6月4日(日) 15:40-17:30  表参道ヒルズスペースオー
6月11日(日) 13:30-15:20  ブリリアショートショートシアター
6月23日(金) 15:40-17:30  ブリリアショートショートシアター

 

 

戦争と生きる力プログラム(War & the Power to Live Program)2

 

アレッポへの旅(Journey To Aleppo)
Juuso Lavonen & Vesa Rajala/21:03/フィンランド/ドキュメンタリー/2016

シリア生まれでフィンランド市民のラミ・アダムが、危険を承知で祖国の子ども達に会いに行く目的とは?ドキュメンタリー映画。

 

 

 

 

 

デッド・ホース(Dead Horses)
Marc Riba & Anna Solanas/06:16/スペイン/アニメーション/2016

戦地から逃れようとする少年が、道すがらたくさんの馬を目にする。なぜ馬達はこんなところにいるのか?アニメーション映画。

 

 

 

 

一日限りの仕事(A Day’s Work)
Rajeev Dassani/16:17/アメリカ/ドラマ/2007

アメリカ人一家の引っ越しを手伝うため、日雇いで働く三人の移民たち。荷造りの当日、お互いの不信感から誤解が誤解を生み、事態は思わぬ結末へと…

 

 

 

 

もしも(What If)
Josh Liveright/04:50/アメリカ/ドラマ/2016

マンハッタン上部に住む3人の父親は、この世界にあふれる暴力や憎しみについて深く考え、どうにかしようと決意し、あるプロジェクトを立ち上げた。3部作のコメディ映画。

 

 

 

 

故郷への道(The Way Home)
Begonia Randhav/13:00/スウェーデン/ドラマ/2015

ようやくスウェーデンにたどり着き、難民申請をする一家。これまでも様々な理由をつけられて申請は却下され、ヨーロッパをさまよって来た。戦争のない国で、普通の幸せと安全を求める彼らの願いは届くのか?

 

 

 

第81回(2009)米国アカデミー賞短編実写部門受賞作品
おもちゃの国(Toyland)
Jochen Alexander Freydank/13:52/ドイツ/ドラマ/2007

1942年ドイツ。息子を守るためにマリアンはユダヤ人は‘おもちゃの国’に遊びに行くのだと嘘をつく。しかしある朝、息子はユダヤ人と共に姿を消す。

 

 

 

 

<WP-2 上映スケジュール>
6月2日(金) 20:00-21:50  ブリリアショートショートシアター
6月16日(金) 13:30-15:20  ブリリアショートショートシアター
6月17日(土) 15:40-17:30  iTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズ
6月24日(土) 20:00-21:50  ブリリアショートショートシアター

 


全て入場無料ですが、事前のチケット予約をおススメします。以下サイトからお申し込みください。

WP-1                     http://shortshorts.org/2017/ja/program/wp-1.php
WP-2                     http://shortshorts.org/2017/ja/program/wp-2.php

 

【アクセス情報】

  • 表参道ヒルズ スペース オーはこちら
  • ブリリア ショートショート シアターはこちら
  • iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズはこちら

【関連リンク】

  • ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF)の詳細はこちら