生きる力を支える「赤十字×リモワ」展

イベント 26/05/2017

リモワ ストア 東京表参道店で紛争地を旅したスーツケースを数点展示

紛争地で人道支援を行う赤十字国際委員会(ICRC、本部スイス・ジュネーブ)の新人職員はかつて、初任地に出向く際に本部から新品のリモワのスーツケースを1つ渡されていました。

 

決して安全ではない、見知らぬ異国の地に向かう職員のスーツケースの中には、一体何が詰まっているのか?

 

公私にわたる“相棒”リモワに、紛争地でのエピソードを添えて展示します。

 

展示期間 

2017年(平成29年)5月27日(土)~6月30日(金)
営業時間内であればいつでも入場可:11:00 ~ 20:00(不定休)

展示場所 

リモワ ストア 東京 表参道:2階展示ルーム
東京都渋谷区神宮前5-8-2 (TEL: 03-6433-5037)

今回の「赤十字×リモワ」展の背景

1999年に東京・原宿で生まれ、今年で19年目を迎える米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA、代表:別所哲也氏)。2015年の戦後70年を機に、ICRCはSSFF&ASIAと一緒に戦争と生きる力」プログラム を立ち上げました。6月の映画祭開催に合わせて、映画祭発祥の地・原宿表参道でPRキャンペーンを展開。映画では戦争や紛争の只中で生き抜く人々に焦点を当て、今回の展示では古くからのICRCとリモワの縁を手繰り、現場の人々に寄り添う職員の思い、日常に焦点を当てました。