レバノン:北部で1万5800人以上の子どもへの予防接種を支援

06 September 2016

赤十字国際委員会(ICRC)は2週間にわたり、レバノンの23カ所の村と北部アッカール県にある500ものインフォーマルな居住地に住む(土地の所有権を持たずに公共用地などに無許可で住むこと)1万5800人以上の子どもに予防接種を行いました。

 

ICRCチームは、できるだけ多くの5歳未満の子どもが支援を受けられるよう、サヘル地方の家屋やテントを一つ一つ訪問。予防接種キャンペーンはレバノン赤十字社と公衆衛生省との連携によって実現しました。

 

原文は本文サイト(英語)をご覧ください。