現在開催中!赤十字150年展 “戦場の「いのち」に寄り添う”

2014.01.15

現在、赤十字150年展“戦場の「いのち」に寄り添う”を京都大学総合博物館で開催中。
子ども兵士や捕虜、退役軍人の証言の上映や、救援物資を展示したテント、150年の歩みを振り返る写真コーナーなどがあります。

©Oliver Franz/ICRC                                      ©Oliver Franz/ICRC

 

1863年、「戦場で傷ついた人を敵味方の区別なく救う」ため、赤十字の最初の機関として赤十字国際委員会(ICRC)が誕生しました。その8ヶ月後、同様の救援組織を平時から設ける必要性を見出し、のちに世界中に根を張ることになる赤十字社・赤新月社の創設が決定。翌年の1864年には、戦場で負傷したり、病気になった兵士の保護と支援を謳う国際的な取り決め「ジュネーブ条約」が採択されました。第二次世界大戦後には民間人の保護も加えた四つの条約に発展し、現在、世界で唯一、全ての国が加入している条約となっています。

 

ICRCとジュネーブ条約の誕生から一世紀半。今なお、世界では戦火が絶える日はありません。ジュネーブ諸条約の「番人」であり、「守護者」ともいわれるICRCは、紛争下であろうと、人間の生命と尊厳は守られなければならないと訴え続けてきました。

 

戦闘に巻き込まれ命を失う人—

住まいを追われ散り散りになる一家—

戦うことを強いられる少年・少女—

混乱に乗じて性的屈辱を受ける女性たち—

戦闘と自然災害の二重の痛手を負い、

生活の場だけでなく生きる希望すら奪われる人々—

 

”赤十字150年展”では、ICRCが長年寄り添ってきたこれらの人々に焦点を当て、150年の軌跡を年代ごとに写真で振り返ります。また、紛争地で行われているICRCの活動内容を臨場感のある展示方法で紹介します。今なお続く戦地での悲しい現実だけでなく、人々の生きる力や強さ、希望を知ってもらい、彼らたちがより人間らしい生活を送れるようになるために私たち一人ひとりができることを考えるきっかけになればと願います。

 

さまざまな「闘い」の最前線で必死に生き抜こうとする人々がいる限り、ICRCはこれからも寄り添い続けます。

 

150 Years of Red Cross Action - Putting Humanity First in Conflict -

In 1863, the International Committee of the Red Cross (ICRC) was founded to save wounded on battlefield. This then gave birth to the International Movement of the Red Cross and the Red Crescent. In 1864, the First Geneva Convention was drafted, which later developed into four conventions as World War II showed the disastrous consequences to civilians without such protection. Nowadays, the Geneva Conventions are the only truly universal treaty, which every state on earth has signed.

 

As in the past 150 years, the nature of war and other crises evolve continuously, raising new challenges for humanitarian action. As the guardian of international humanitarian law, the ICRC has the sole ambition to protect and assist victims, serving the most vulnerable. Civilians must be protected and human dignity has to be respected at all times, even in conflict. The human cost of conflict and violence remains unacceptable.

 

Everyday, innocent people are caught in battle and lose their lives; families are separated by conflict and desperately seek news from relatives. Everyday, children are forcefully recruited by armed militia and sent into combat; and everyday women face sexual humiliation and violence. People are deprived of their freedom and sometimes are the victims of natural disasters compounding their suffering.

 

Marking the 150th anniversary the ICRC proudly presents ‘150 Years of Red Cross Action’. This exhibition displays historic and current material from conflicts all over the globe; highlighting the ICRC’s enduring effort. The exhibition shows the power of human strength from those suffering, along with the changes that can be made through cooperation, resilience and compassion – young or old, we can all make a difference!

Looking to the future, as humanitarian needs evolve, so too will the ICRC.

 

詳細   

 

日時: 2014年1月15日(水)から3月30日(日)
15 January (Wed) – 30 March (Sun)  2014

 

会場: 京都大学総合博物館
〒606-8501京都市左京区吉田本町 TEL075-753-3272
開館時間・休館日など詳細はこちら http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/

The Kyoto University Museum
Yoshida Honmachi, Sakyo-ku, Kyoto, 606-8501
For details of opening hours, visit  The Kyoto University Museum website.

 

チラシのダウンロードはこちら
Click here to download flyer

footer