ICRCが支援する選手が東京パラリンピックに出場~開会式ではニジェール選手団旗手として行進

お知らせ
2021.08.24

いよいよパラリンピックが開幕します。私たち赤十字国際委員会(ICRC)は、紛争地で人道支援を展開するうえで、多くの障がい者とも接し、治療やリハビリなど医療側面からの支援だけでなく、就業・起業支援や障がい者スポーツの奨励を通じて、社会参画やソーシャルインクルージョンをサポートしています。

詳細はこちら:https://jp.icrc.org/wp-content/uploads/2019/01/Newsletter_Dec2018_web.pdf

私たちが支援する障がい者がスポーツ参画する機会も近年は増えてきていて、2020年には27カ国において1,300を超える障がい者スポーツ事業を展開するまでに至りました。とはいえ、ICRCの活動地は紛争の影響を少なからず受けているため、練習場所や練習の機会などが制限されるケースも多く、国際的なレベルの大会で国を代表して闘う選手は、まだわずかです。

そんな中、アフリカのニジェールから、100m走と幅跳びでパラリンピックに出場するため来日したのが、イブラヒム・ダヤボー(Ibrahim Dayabou)です。夢は、“ニジェールのウサイン・ボルトになること”と語るダヤボーは、前回のリオ同様、二大会連続でニジェール選手団の旗手を務めます。

ニジェール選手団の1人として出場するイブラヒム・ダヤボー。

ニジェール選手団の1人として出場するイブラヒム・ダヤボー ©ICRC

2008年、13歳の時に手りゅう弾で左手を失い、間もなくして陸上競技を始めました。2016年のリオ大会では、男子100m走で見事6位入賞を果たしました。その後世界記録を達成したこともあり、私たちも今回の東京でのメダル獲得を期待しています。

東京の選手村での一枚 ©Harouna Ousmane

©Harouna Ousmane

©Harouna Ousmane

パラリンピック開会式にニジェール代表として参加する選手たち ©Harouna Ousmane

パラリンピック開会式での様子 ©Harouna Ousmane

ダヤボーのこれまでの活躍/背景はこちら:

footer