6月4日公開!「戦争と生きる力プログラム」:ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2022

イベント
2022.04.28

米国アカデミー賞が公認する国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)で毎年上映される「戦争と生きる力プログラムsupported by 赤十字」。今年は、6月4日(土)からスタートします。

実話ベースのドラマやドキュメンタリーに加えて、アニメーションやコメディータッチの作品など、世界各地から届いた選りすぐりの短編映画13作品に、ICRC制作の2作品を合わせて、計15作品を上映します。「戦争と生きる力プログラムsupported by 赤十字」は昨年同様、コロナ禍を受けてSSFF&ASIAのオンライン会場で、6月30日(木)まで公開されます。

【オンライン上映期間】2022年6月4日(土)~30日(木)
※視聴リンク:https://shortshorts.org/2022/ja/wp/

今年もSNSでICRC駐日代表部のスタッフによるレビューをご紹介します。是非チェックしてみてください!

※ICRC駐日代表部ツイッター:https://twitter.com/ICRC_jp
※ICRC駐日代表部フェイスブック:https://www.facebook.com/ICRC.jp/

鑑賞された後の皆さんのご意見、ご感想もお待ちしています。奮って上記SNSのコメント欄にメッセージをお寄せください。

作品紹介

【白いブランケット】

フィンランド/ドラマ
 
10歳のマルヤは、幼い弟のミルクを買いに街に出る。その道中にはとんでもない危険が潜んでいた・・・。


【ステレオタイプ】


アメリカ/韓国/アニメーション
 
戦争は落ち着いても、闘いは激しさを増すばかり。


【アイシャ】


ドイツ/ドラマ
 
全身をベールで覆った勝気な少女アイシャ。シリア北西部アフリンの裏庭で、妹とともに信仰心を試される。秘密を抱えながら自らの素性に悩むアイシャは、ついに意を決した。


【渡り熊】


フランス/アニメーション
 
地球温暖化で故郷を追われた2頭の北極グマ。新たな住処を探し求め、やがてヒグマの縄張りに辿り着く。


【幕引き】


アメリカ/ホラー
 
一本の木が見届けた、5分の物語。


【ヤッラー、さぁいくぞ!】


フランス/アニメーション
 
1982年のベイルート。ニコラスは、延々と続く内戦で破壊された故郷を離れようと決意する。そんな彼の前に現れたのは、プールに行くと言い張る無謀な若者ナジだった。


【ナーラニ村での出来事】

ドイツ/ドラマ
 
開発援助に携わるカリーナ・ノワックは、ドイツ軍兵士とともに、武装グループの罠にかかる。彼女と若い兵士ルカだけが生き残り、二人はそれぞれの目的に向かって戦うことに。


【少女の腕の中で】


ロシア/ドラマ
 
ナチスによって焼き払われた村から逃げ出した少女は、旅回りのサーカス団と出会う。一行はまもなくナチスに遭遇し、少女のジャグリングに運命が委ねられる。


【かけがえのないモノたち】


ドイツ/フランス/ カタール/アニメーション
 
母国を戦争で破壊されたミディアン。避難途中、空腹に耐えかねた彼は、大切にしていたものを口にしてしまう。体に奇妙な異変がおき始めるが、もう何も彼を止められない。


【1979年、冬】

アメリカ/ドラマ
 
1979年にイラン革命が始まり、ペルシャ系ユダヤ人の母親が祖国に抱いた疑念。


【リトル・ベルリン】


フランス/ドキュメンタリー
 
ベルリンの壁に分断された小さな村。雄牛のペーターは、壁の建設により一緒に暮らしていた36頭の雌牛と引き離されてしまう。オーストリア出身の名優クリストフ・ヴァルツがナレーションを担当する、実話に基づいた話。


【ブランカ】


ハンガリー/ドラマ
 
1991年のユーゴスラビア。戦場から遠く離れた国営病院の産科病棟で働くことになったブランカ。孤独な悩みを抱えながら、彼女が本当に向き合わなければならなかった問題は、病院から新生児たちがいなくなることだった。


【空のない街】


シリア/ドキュメンタリー
 
故郷や家族に思いを馳せつつ、数時間後の自分が生きているのかすらわからない、紛争下に暮らす青年の日常目線。


【HOPE(希望~彼女の命を救えなかった理由)】

ショートフィルム【HOPE(希望~彼女の命を救えなかった理由)】のワンシーン
赤十字国際委員会(ICRC)がHealth Care in Danger ~危機に立つ医療活動~のグローバルキャンペーンの一環で制作したショートフィルム『希望:彼女の命を救えなかった理由』。世界最大規模の広告の祭典、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルのフィルムクラフト部門でグランプリを受賞。


【希望のマーク】


赤十字マークの正しい意味を知っていますか?そもそもこのマークは「攻撃してはならない」という意味を持ちます。赤十字が中立な人道支援組織として、現場で円滑な活動ができ、たどり着くべき人にたどり着くためにも、このマークは「安心、信頼、希望」のマークとして正しく使われることが大切です。一般の方が、赤十字マークをむやみに使用してはならない理由もここにあります。有事の際に一般市民を守り、助けるマークの意味を平時から知っておくことで、救えるたくさんの命があるのです。